離婚後の済まさなければいけない手続き

夫婦関係が良くなくなってしまい離婚をすることになった場合、離婚届を提出することができれば成立します。しかし、それですべてことを片付けることができたと思ったら、それは違います。離婚をした後には他にも、提出しなければならない書類などがいくつもあるのです。

まず、戸籍の移動、住民票の移動、名義変更、健康保険、国民年金の手続きなど、ほかにもパスポートや運転免許書などのような身分証明も変更の手続きをしなければなりません。役所に通って提出しなければいけないものがこのように、いくつもあります。少々面倒に感じることではありますが、ちゃんと管理をしなければいけない自分のことなので、しっかりと手続きを済ませなければなりません。

しかもその手続きは、離婚をしてから10日以内に役所に提出することを行なわなければいけない手続きもあるといわれておりますので、どのような手続きをしなければいけないのか、リストをあげてスケジュールを立てて行なっていくと、スムーズに片付けられるかもしれません。そして苗字なのですが、離婚後は苗字を旧姓に変更する人がほとんどなのですが、変えずにいたいという人も存在しております。そのような人の場合は3ヶ月以内に手続きを行なわなければいけないといわれております。結婚をするときは共に生きていこうと決めた二人の仲も、何らかの理由で残念ながら離婚につながってしまうケースもありますが、その後の手続きは面倒に感じずに、しっかりと片付けていかなければいけません。

Copyright (C)2017離婚の体験と別れた妻のこと.All rights reserved.