離婚にいたる大変な事

出会いがあれば別れがあります。結婚と離婚も同じように出会いと別れです。どんなに素敵な恋愛をして、お互いに気持ちを確かめ合って結婚しても、一緒に生活していけば嫌なところが目につきます。それが許せる範囲ならそのまま結婚生活を続けられましょうけど、もしそれがどうしても許せない場合、離婚につながることもあります。よく聞くのが、配偶者がギャンブルにのめりこんでしまって、生活していくのが難しい状態になったとか、他の異性と付き合い初めて家庭をかえりみないようになったとか、お酒を飲み配偶者や子供たちに手を挙げるなどです。

身体に受ける傷もつらいですが、やはり心に受ける傷はなかなか癒えるものではありません。たとえば、配偶者の暴力で離婚した方がほかの方とその後再婚したとします。普通に暮らしていても、ふとした時、今の配偶者が、以前の配偶者と似たことを言ってみたり、似た行動をとられた時には、以前に受けた傷がパックリ開いてしまいます。せっかく幸せな生活をしていても些細なことでトラウマを思い出し、また同じ目にあうのではないかと、不安な生活が始まります。それが原因でまた別れてしまう人もいるでしょう。

結婚生活が破たんするにはそれなりの大きな理由があります。大人であってもとても傷つくことですから、小さなお子さんがいる場合ならなおさらでしょう。早く親である自分が立ち直り前を向いて歩けるようになり、小さな子供たちの心のケアをしてあげられるようにならないといけません。

Copyright (C)2017離婚の体験と別れた妻のこと.All rights reserved.